老後はピースボートで世界一周を夢見て・・・

老後費用を貯める予定が・・・実母の在宅介護で早期退職しました

家計の事、私は恵まれている事に気づく

退職して2ヶ月が経った。
まだ離職票が届かず ちょっとイライラモードだよ。
労務士が怠慢で困る。結局 元職場に催促の電話をした。
3月までに雇用保険を申請したかったのに・・・もう!"(-""-)"




ところで今まで共働きでしたが 我家の家計はずっと私が握っております。
私の友人達も結婚と共に寿退社しほとんどが専業主婦で家計を任されています。
そうゆう時代(年代)だったんですよね。
旦那さんは小遣い制だけど私は小遣いが無い 使いたいと思えば全部使える(笑)


なんせ うちの旦那さん自分の小遣いですら管理できない人なので
本人も「やりくりで頭を悩ませたくない」と言いすべて私に丸投げです。
その代わり「節約」などと言う気持ちは一切持ち合わせていないので困り者ですが・・・


うちの旦那さんは お金の事にうるさくないので ←自分のこづかいだけ死守できればいい
私が仕事を辞めても何とも言いませんし 家計の心配もしていません。
実際、今の預金額がいくらで住宅ローンがどれだけ残っているかなんて
一度も尋ねられたことがありません。
そうゆう意味では 本当に気楽でありがたいです。





今の若い夫婦は 共働きで財布が別が多いと聞きました。
財布が別の場合、旦那さんの年収も知らない、お互いの預金額も知らないのでしょうか?
それだとある意味 博打的な人生にならないのかな?と思ってしまいます。
お互いが貯めてくれていると思っていた老後資金がすっからかんだったら恐くない?


勤めていた会社の男性が結婚したのですが 奥さんと財布が別で
自分の給料も預金額も教えない と言ってました。
理由は、奥さんに聞いても言わないので 自分も教えないそうです。
実家の敷地に一戸建てを建てたのですが、お金の相談は両親として
奥さんは一切ノータッチだったそうです。
そう言えば「家を建てたのに冷蔵庫まで買わされた」とブツブツ言ってましたね。
台所用家電は 奥さんの担当になるそうです。 ←面倒くさいな(´-ω-`)
この話を私の同年代の同僚と聞いていて「今時の夫婦って信頼関係が無いのかな? 
友達のままみたいだね。」と話していたことを思い出しました。


この様な夫婦関係は 私にはちょっと無理かなぁ
よそのお宅の事なので 大きなお世話でしたね。(^^ゞ