老後はピースボートで世界一周を夢見て・・・

老後費用を貯める予定が・・・実母の在宅介護で早期退職しました

骨内異物除去手術は2月13日に決まりました

昨日はどんより曇っていて寒い一日でした。
私は午前中から出掛けていたので
日中リビングに暖房を入れる必要はありませんでしたが
午後4時になっても洗濯物がまったく乾いておらず
どんよりした気分で取り込みました。
今日はお天気が良いから乾いて頂戴ね。





昨日病院で手術日を決めてきました。
来月なら母上も施設に入所できているだろうと
担当医と相談し2月13日の午後からになりました。


プレートを外した方が気分もすっきりするし
手の可動範囲も広がり たまに中でチクッとする痛みも
無くなるだろうと期待しております。


でも根性なしのおばさんは
先生に聞きました。
「またしばらく痛いですよね~」


若い先生は 薄笑いを浮かべながら
「今回は切った痛みだけで~す」


あ・・・
笑ってますよね
おばさんは痛みには まぁまぁ強いんですよ
骨折した時も 自分で折れた手を持って歩いて帰って来たし。


苦手なのは グロテスクな方
傷口を見たり触ったり
痛みをこらえながらほぐしたり
そっちが恐いんですよ
想像するだけで気持ちが悪いんですよね~



前回と同じところを切ると書かれていますが
「みみずばれの上をもう一度切る」それも気持ち悪いです。
見栄えなんかどうでも良いので いっその事横に切って
傷口を + にしてくれないかと思ってしまいます。


今回は寒い時なので 着替える時もお風呂も
いろいろ不便になると思います。
創意工夫で切り抜けようと思います。






小さな幸せのある暮らし