老後はピースボートで世界一周を夢見て・・・

老後費用を貯める予定が・・・実母の在宅介護で早期退職しました

年の瀬にがっつり支払って来ます

ようやく届きました。
国民年金の請求書 4ヶ月分 ¥65,360-
この前届いた 国民健康保険 ¥72,000-
合計 ¥137,360- 
支払に行ってきます。




あ~あ 年末にものいりねぇ
しか~し、扶養家族になったらこの金額を
いっさい支払う必要がないと思ったら 嬉しい反面
なんて不公平な社会保険制度なのだと改めて思いますね。
(ぶっちゃけ 働く気が失せる)





今更愚痴ってもしょうがないのですが
私の実家は自営業でしたから
父も母も国民年金と国民健康保険代を
しっかり支払ってきたんですよね。
そして貰う年金は 基礎年金のみで
父が先に亡くなっても遺族年金は1円も出ない。


会社員は会社が半分払ってくれているとわかってはいても
やっぱりこの社会保険制度は時代遅れだと思う。
破綻させたくなければ 扶養されている配偶者も
自分の国民年金ぐらいは払うべきだろうな。


昔、独身でバリバリ働いている女友達が言ってました。
「私なんか後輩の男性社員に給与では抜かれ
控除も少なく 扶養手当も貰えず 出世もない。
税金を持って行かれるばかりでアホくさいわ。」


わかるわ~ その気持ち
自分で選んだおひとり様の道だけど
会社内では、未だに男女平等の扱いは受けてないし
でも税金だけは男女の差なく持って行かれて、
なんか納得できないよね。





そんな話を思い出しつつも 
このタイミングで 配偶者も年金を払う事になったら
「なんでよ~」と愚痴るだろうな。
おばさんはいつまで経ってもわがままな生き物です。





小さな幸せのある暮らし