老後はピースボートで世界一周を夢見て・・・

老後費用を貯める予定が・・・実母の在宅介護で早期退職しました

熟年離婚した従姉妹が一戸建てを購入していた

我家のスマホはSoftbankですが
昨日、Softbankの通信障害があった事を夫婦共に
まったく知らなかったし、まったく影響がなかった。
それだけスマホの必要性を感じていないおばさんです。



人生七転び八起き
いろいろへまをしますが、私も必死に起き上がっています。


そして今日は、私の自慢の従姉妹の話です。
上昇志向の人間は、どん底まで落ちてもへこたれてませんね。




アメーバで書いていた過去のブログ記事を探しました。
2014/12/7 タイトル 熟年離婚


その頃の従姉妹は 50代半ば。
内緒で高額な借金を繰り返す夫に嫌気をさして
末っ子の大学入学を待って、離婚に踏み切りました。


上の子達を立派な社会人に育て、
バブル時期に購入した家のローンも払い終わり
末っ子が大学に入ったらゆっくりできると思った矢先
おバカ旦那の高額借金が発覚(初めてではないと言っていた)


私はそんな事になっているなんて全然知りませんでした。
その従姉妹には、一部上場企業に勤める旦那さんと
悠々自適な老後が待っているのだろうと
ちょっと羨ましく思っていたのです。


隣の芝生は青く見える


従姉妹の中では 一二を争うほど幸せな家庭だと
私は勝手に思っていました。



離婚の連絡があった時に 過去の苦労話を聞きました。
あのおっさん、おとなしそうに見えたけどそんなアホやったんか! 
それがいろいろ話を聞いた後の私の感情です。
そして何故かうちの旦那さんが 
もの凄く良い人に思えました。←めっちゃ錯覚したわ~


済んだことは仕方がないのですが、この先自分で稼がないといけないのに
「リューマチの症状が出ていて 今は就職先も探せない」
と聞いて心配していました。
その頃は社会人になった娘と同居していると聞きましたが
あれから4年経って・・・


今年 家を購入して優雅に?一人暮らし中だそうです。
元旦那が定年になって退職金の半分を貰えたのですね。
一部上場企業の退職金ですからね。
そこそこの金額だと思うので それを元手に
便利な場所に家を購入したんでしょう。




転んでもただでは起きない


離婚する時も、「家は旦那にくれてやる」と言っていたので
財産分割で自分は家を出る代わりに現金を貰ったと思います。
旦那が勝手に借金してても、自己破産をしたわけではないし
決して貧乏では無かったので・・・


老後は、旦那の厚生年金の半分も貰えるし
持ち家さえあれば 少しパートに出て収入を得られれば
以外にのんびり暮らせるのだと思います。
・・・・と
また勝手に想像してました。(笑)


とにかく凹んでなくてよかった、よかった。
機会があれば ご自宅訪問に伺いたいものだ。





小さな幸せのある暮らし