老後はピースボートで世界一周を夢見て・・・

老後費用を貯める予定が・・・実母の在宅介護で早期退職しました

古くなっても 買い置きがないと捨てられない性分

ある方がブログに書いておられました。
寒くなったのでヒートテックの肌着を買わなければと
古くなった肌着は春になった時に捨ててしまったそうです。


読んでいて「へぇ、そうなんだ」と思いました。
私は古くなっても 代わりの物がなければ絶対に捨てません。
新しい買い置きがあれば 安心して捨てれます。
必需品をゼロには出来ない性分なのです。



一般的には、肌着とか靴下とか新しい物をストックしないのでしょうか?
我家は、夏物、冬物それぞれ新品の物を年がら年中ストックしているので
古くなって捨てても いつでも代わりの物がある状態です。


ただ凄く困るのは 流行が変わったりサイズが変わった時です。
ストックの量が多すぎて・・・
着られない新品がまとまって残る場合があります。
こうゆう物が勿体なくて捨てられず 物が増える原因なのですが
分かっていても なかなか性格って変えれません。



他に必需品(消耗品)と言えば
洗濯洗剤やシャンプー、トイレットペーパー、剃刀の替え刃、化粧品類
歯ブラシ、歯磨き粉、ゴミ袋、調味料類、綿棒、ローソクや線香に至るまで
ありとあらゆるストックが複数個づつありまして 
これらを無くしてスッキリ暮らせと言われても私には難しい。
ドラッグストアに住みたいくらい (-_-;)




改めて記事にしてみて 悲しくなりました。
安いからまとめて買っておこう、次いつ買いに来るかわからないから買っておこう
自分が普通だと思っている行動に無駄が多すぎました。


皆さんは物を使い切ってから、あるいはそろそろ無くなりそうになってから
その都度、買いに行っておられるのでしょうか?
まめさが無い私には ミニマリストなんて絶対無理ですよね。
せめて使えない物を捨てる事だけは すぐに始めようと思います。





小さな幸せのある暮らし