老後はピースボートで世界一周を夢見て・・・

老後費用を貯める予定が・・・実母の在宅介護で早期退職しました

母の担当者会議で現状と今後を相談する

今日もお天気が良くて幸いでした。
ケアマネージャさんと施設の担当者と福祉用具の営業さん
私と母の5人で今の状況と今後の予定などを話し合いました。





母の介護度は、現在 要介護1 ですが
今後、寝たきりになった時に在宅で介護をし続ける自信は
私にはありません。
認知症を発症した場合も 在宅介護は無理だと思っています。
その事は ケアマネージャさんに伝えてありました。



現在母は、介護老人保健施設のディサービスを週3回利用しており
入浴も施設でお願いしております。
母が骨折した時や、私が介護できない時はそちらの施設に入所の
形を取っておりますが 概ね3ヶ月で退所しなければなりません。



来月 満90歳を迎える母の今後を真剣に考える時が来たようです。
ケアマネさんから特別養護老人ホームのパンフレットをいただきました。
今お世話になっている施設と同じ法人が経営されている施設です。


特別養護老人ホーム = 特養 介護3~5 看取り迄いられる 終の棲家
介護老人保健施設 = 老健 介護1~5 在宅介護を目標にリハビリに重点を置く


介護度1の母は まだ特養に入所できませんが(今は歩けるので入所の必要なし)
今から申し込みをしておくようにアドバイスされました。
いざとなってから申し込んでもなかなか順番が回ってこないそうです。





私的にはちょっと心が痛むのですが、、、
でも そうゆう時期にきているという事でしょうね。


ケアマネさんは 母の事をよく見て下さっていますが
介護している家族の事も同じように心配してくれます。
介護している家族が潰れる事が一番困りますものね。


私は 元気だけどねー (*^^*)





小さな幸せのある暮らし