老後はピースボートで世界一周を夢見て・・・

老後費用を貯める予定が・・・実母の在宅介護で早期退職しました

ハローワークのセミナーで気づいた事

今日も雨降りです。
洗濯はしましたけれど、乾かなかったらコインランドリーに行こう。


旦那さんは 先週末休みなしでしたが 今週も忙しいらしく
昨夜の帰宅は 真夜中でした。





昨日受けたセミナー 予想外によかったです。(^^ゞ
講師はかなり年配の男性(普通に言えばおじいちゃん)でしたが
言葉がはっきりしていて、凄く聞き取りやすい話し方で
ついつい引き込まれて 真面目に講義を受ける事が出来ました。
赤ペンでテキストにしっかり書き込むなんて何十年ぶりかしら?




教えていただいた内容も充実した物でした。
今までのビデオセミナーなんかより ずっと実践的で身になります。
なので2時間も あっと言う間に過ぎました。



ところでこのセミナーを受けながら思ったのですが
私がしたい仕事、私に向いている仕事って
こうゆう講師じゃないかと思ったんですよ。


高卒のぼけぼけオバハンが講師なんておこがましいのですが
子供の頃からそうゆう向きがあったなと思い出しました。
小学生の頃、塾で友達に算数の解き方を教えたり
前職の時に、会社命令で受講した管理職の接遇マナー講習を
自分なりにレジュメを作成し、新入社員研修で1時間、1人で講義したり
そうゆうの嫌いじゃなかったんですよね。





つまり セミナーを受けて気づいたのは
履歴書や職務履歴の書き方を教えてもらって活用するより
私が説明したりする方に廻りたいって事


シニアの再就職と言うとハローワークで「こんなのどうですか?」と
スーパーのレジ打ちや掃除
介護職員や給食係を紹介されましたが
私にはまったく向いていない職種だと思っていたんです。


今まで紹介された中で一番いけそうだったのが
ハウス内で葉物野菜の管理収穫、出荷作業(農業系)のお手伝いです。
これに興味を示した時は 職員さんが驚いていましたが・・・
結局 家から遠いので応募するのを止めました。
(今は 母上の介護優先なので)


いくら募集があっても 向き不向きってありますよね。
これで私の再就職は 益々難しくなりました。