老後はピースボートで世界一周を夢見て・・・

老後費用を貯める予定が・・・実母の在宅介護で早期退職しました

今日は めでたく母上退所です


午前中はバタバタです。
施設で母上の退所の手続きと今後のディサービスの打ち合わせです。
それが済んだらめでたく退所して そのまま主治医の診察に向かいます。




丁度、介護保険の更新審査があります。
主治医の所に問合せの用紙が届いているそうなので
今の状態をしっかり伝えてきたいと思います。
主治医の書く内容が非常に重要です。



昨年は背骨の圧迫骨折で動く事が出来ず
認定は 介護3 でしたが


今はシルバーカーを押しながら歩けるようになりました。
食事もきざみ食ですが一人で食べられますし
洗面、着替え、トイレは 時間が掛かりますが1人で出来ます。
お風呂は1人では危ないので 施設にて介助入浴です。


しかし、これだと要支援になってしまうかもしれません。
実際、昨年は要支援2 の評価が出てしまい困っていた所に
圧迫骨折で再審査、要介護3に変更されました。


要支援と要介護の違いはとても大きいのです。


要介護なら施設に入所が可能ですが
要支援では施設に預かってもらえません。
急な不幸があっても 家に一人残しておかなければなりません。
また、ヘヤーカットも通所者は出張美容室を利用できません。


本当に困ってしまいます。
月一回の診察に連れて行くのも一苦労しているのに
指もしびれて感覚がなく、家事もまったくできない90歳のおばあさんを
「自立してます」と言われてもなぁ


ほんと認定委員によって出る判定が全く違うので何とかしてほしいです。