老後はピースボートで世界一周を夢見て・・・

老後費用を貯める予定が・・・実母の在宅介護で早期退職しました

過去も今もこれからも、日本は自己責任の国です!

今日は 鈍ったおつむをフル回転させて
真面目に考え、時間をかけて書きました。
重い話ですのでスルーして下さって結構です。




わたくしごときが、他人様の命に係わる事を口にするのは
横柄だとは思いますが、一応国税を払っている日本国民なので
意見を言わせてください。



今朝、北朝鮮に日本人男性が拘束されているとのニュースを見ました。
政府が交渉しているようですが、北朝鮮が敵国である日本人を人質に取って
有利な交渉を進めようとしているのでしょうかね。


そうゆう国に観光目的で行く心理がわかりません。
もしくは 家族があちらにいらっしゃるのかしら?
どちらにせよ 日本にとっては「何で今?」と言いたい時期ですよね。
北朝鮮にとっては「飛んで火にいる夏の虫」


1人の迂闊な行動は 国全体の利益を損ないかねないので慎重に動いてほしいし、
「個人の自由」を主張するなら最後まで個人で戦っていただきたい。






それから シリアで拘束されているジャーナリストの方
家族が心配する気持ちは痛いほどわかりますが
「助けてくれ」それは無理なお願いではないでしょうか。


ジャーナリスト仲間が書いておられる記事も読みました。
      ⇓




※安田さん自身が、戦場に行く事は「自己責任なのだから手や口を出すな」
と日本政府に向けてSNSで発信しておられる以上 
今になって助けを求める事に違和感を覚えます。


このような面倒を起こされたくない為に日本政府は紛争地に行こうとする方から
パスポートを取り上げたのだと思いますが、それに対して「表現の自由」を
強く主張して 何としてでも紛争地に行きたがる。
ならば「どうぞご自由に」としか言いようがないですよ。


記事を書かれた方は、バッシングは人を殺す と書かれております。
では、この場でもバッシングをしてはいけませんね。

でも、私にだってあなた方と同じように「表現の自由」はあるのですから
自分の意見は堂々と言いたいと思います。


例えば 自ら火の中に飛び込むジャーナリストと
会社からの指示で海外で働いていたら たまたまテロに巻き込まれた会社員と
同じ感覚で見る事はできません。
命の大きさは同じでも、救出活動に対する意見は変わって当然ですし
多くの方から自己責任だと批判されても仕方がないと私は思います。



「他人様に迷惑を掛ける事はしない」
それが 我が日本の国民性ですよ。
その精神のお陰で 世界一安全な国が出来上がったんです。
過去も今もこれからもです。


ですが、悲しいニュースは聞きたくありません。
お二人とも 無事にご家族のもとに戻られますように心底願っております。