老後はピースボートで世界一周を夢見て・・・

老後費用を貯める予定が・・・実母の在宅介護で早期退職しました

早期リタイヤブログで分かった事

今朝のお天気は昨日の雨が残っていて暗いし肌寒い。
でも徐々に ☁ → ☀ 晴れてくるらしい


そろそろどっかに出歩きたいです。
人混みは絶対に避けたいので都市部はダメ。
山登りは 又こけそうなので嫌。
ほな 何処に行けばいいかな?





私が、もう働きたくないわ と思い出したのが50歳くらいの時
さっさとリタイヤして静かな田舎に引っ越そうといろいろ調べるも
一生遊んで暮らせるほどの先立つ物がなく・・・(◞‸◟)
しょうがない60歳までは頑張るぞ!
でも65歳までは頑張らないぞ!と心に決めるも


姉の急死と母の度重なる骨折入院に気持ちはヨレヨレ
そんな時に職場では 私の仲の良い友人たちが次々と退職して若返りが進み
端々で、おばさんは邪魔扱いされていると感じ出すと精神的に追い込まれ
ストレスから体のあちこちに故障が出だし、やる気も無くなり
結局、昨年末で退職しました。


こんな弱気で正社員の職を失ったわけですが
退職後も うだうだして過ごす中での骨折、リハビリ。。。
よくわかりました。


早期リタイヤするなんて 人生の大博打だと。



以前から ある方のブログを拝見していました。
40代で、そこそこの預金を持ってセミリタイヤされた方ですが
もうすでに計画が狂ってきているようです。


節約家で数字に強く、老後までしっかり計算されていたので
勇気ある行動で凄いなと思って見ていたのですが
それは健康な体があってこその計画です。
親の遺産がそこそこ貰えるらしいですが
それも親が死ぬ間際まで元気でいる事が前提の予定です。


金曜日に芦屋小雁さんの事がTVで放映されていました。
認知症になられ入所先を探しておられました。
小雁さんが気に入られた施設は 入所一時金の他に月に20万円掛かるそうで
これでは親に少しばかりの資産があってもあっという間に無くなります。


結局、自分が完全リタイヤして親の介護に専念するか
親を施設に入れて財産食いつぶすかの選択しかありません。
そしてこの選択は 子供が50代になった頃にやってきます。


【結論】
健康な体がある若いうちに 働けるだけ働く
その後に、ご褒美として のんびりした老後が待っているんだ。


私達夫婦には あてにできる親の遺産などありませんから
私の完全リタイヤも まだまだ先になりそうです。