老後はピースボートで世界一周を夢見て・・・

老後費用を貯める予定が・・・実母の在宅介護で早期退職しました

竹の子を見ると姉を思い出して・・・

今日は曇り → 午後から☂らしい


A.M.7:00 若い衆を招集する花火が上がる
今週末は春祭りで山車が出る地区が多いのですが
年に一度お祭りなのにこんな天気では気の毒ですね。


春と聞いて頭に浮かぶのは
桜  鶯  筍  花粉症 です。


亡くなった姉は 竹の子の産地で有名な地域に嫁ぎました。
毎年竹の子が出る季節になると農家さんに頼んでくれて
私の所に送ってくれていました。


柔らかくてアクの少ない竹の子なので、
地元では朝堀竹の子をさしみで食べたりします。



毎年送られてくる竹の子を友人にお裾分けしていたのですが
友人からも柔らかさが全然違うと好評でした。



竹の子って地上に出てしまったら 硬くなってダメなんですよ。
この竹の子 芽の方まで土が被っていて色が薄いでしょ
こうゆうのが柔らかくてアクが無いのです。



残念だけど姉はもういないので・・・
自分で買って来ましたが こちらで売っている竹の子は硬いです。
大きい竹の子は・・・竹にしか思えず ←本当にどうやって食べてるのかな?
出来るだけ小さいのを購入してきました。


購入した竹の子の写真がどっかにいってしまい
色や大きさの違いが比べられません ( ;∀;)残念


下茹でしてアクを抜いた後 皮をむいて炊きました。
出汁は 昆布と干し椎茸のもどし汁です。



そこに砂糖、酒、みりんと ↓ これ入れます。


こちらではこの醤油が手に入りにくいんです。(´;ω;`)ウゥゥ
1ℓサイズは何処にも売っていないので 500mlを数本買い占めます。


私の料理はすべて目分量なので
使い慣れた調味料でないと とんでもない味付けになります。
嫁いできて始めて地元の調味料「白だし」を頂きましたが
一度使って大失敗の末 賞味期限切れになり”さようなら”した事があります。



今年も我家に春の訪れです。
母上も喜んでくれました。


旦那さんは あまり竹の子を食べた事がなかったそうですが
私が毎年炊くので”竹の子の炊いたん”を好きになってくれたようです。
炊いた後てんぷらにしても美味しいですよ。