老後はピースボートで世界一周を夢見て・・・

老後費用を貯める予定が・・・実母の在宅介護で早期退職しました

介護休暇制度を改めて確認してみた

本日晴天   ・  蝉 怒煩い!


今日の予定
リハビリ → スーパー → ハローワーク → 施設
気分により順序が変わる事もある。


車のエアコンが利かないので昼間の移動は辛いのですが
今日はどうしても昼間の移動になります。
熱中症にならないように気を付けたいと思います。




先日、書類の整理をしました。
さすがに前職場の資料などもう必要がないので一斉処分です。



その中に 育児 ・ 介護休業規定 なるものがありました。
勤めている時に、ひょっとして介護休暇を取る事になるかもと思って
資料を取り寄せた物だが 改めて確認してこれは使えないなと実感する。



正社員だった私は、母の介護休暇を申請する事は可能でしたが、
内容が以下のようなものでした。
※ 介護休暇を取る2週間前に申請する事
急病や骨折等のケガでは間にあいません。


※ 対象家族1人につき一回限り
(ーー゛) 二回目は退職するしかないって事ですね。


※ 期間は、連続する3ヶ月の範囲内
これでは 介護と言うより看取り期間です。


※ 介護時短勤務の適用を受けた場合は、その日から3ヶ月以内とする
骨折程度なら3ヶ月で治りますが、、、


以上のような内容では介護休暇など
有って無いようなものです。
利用するとしたら余命宣告を受けている家族がいる場合ぐらいでしょうか。


老人の介護が3ヶ月で終わるわけがない。
それは勤めていた会社が一番よく知っている事なのですがね。
せめて時短勤務は年単位で許可してもらいたかったです。
この介護休暇を利用できる人っているのかなぁ。



  友人は外資系の一部上場企業に長年勤めております。
  昔彼女が言ったのは、外資系は福利厚生に手厚いから
  今後 一人っ子の私は両親の面倒を見る事になるだろうから
  この会社に決めたと言っていました。


  実際、彼女は今 ご両親の介護の為に介護時短を使っています。
  かれこれ3年も、、、
  両親が亡くなるか定年まで介護時短は使うと言っていました。
  企業によってこれだけ福利厚生の違いがあるという事を
  バカな私は、この歳になって知りました。